花卉円文螺鈿箱 かきえんもんらでんはこ

漆工 / 明治 

芝山宗一作
明治25年(1892)
1合

芝山細工は、安永年間(1772~81)頃に下総国芝山(現千葉県山武郡)で始まったとされる装飾技法。貝や象牙、角、鼈甲などに精細な彫刻を施し、様々な色に染め、それら組み合わせ、漆器の表面に嵌め込んで図柄を表わす。明治期には来日した欧米人から好評を得て、盛んに輸出された。

作品所在地の地図

関連リンク

花卉円文螺鈿箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水花鳥螺鈿蓋付ナイフ入れ
花鳥円文蒔絵螺鈿印籠
花鳥円文蒔絵螺鈿印籠

底裏線刻銘「芝山作」

楼閣山水人物螺鈿合子
花鳥螺鈿裁縫机
フリーメイソン螺鈿箱
ページトップへ