Sewing Table, Flower and bird design in mother of pearl inlay

Details

Sewing Table, Flower and bird design in mother of pearl inlay

lacquer work / Edo

Edo period, dated 1851 (Kaei 4)

1基

 表面には、裏に彩色を施した薄貝の螺鈿により、花鳥文様を表わしている。幕末・明治期に欧州に向けて盛んに輸出された長崎漆器に独特の手法である。天板裏面には平蒔絵で「Nagasakki,1851」と記されており、制作地と制作年が明確な、長崎漆器の基準作例といえよう。"

Related Works

Search items related to work chosen