文化遺産オンライン

四季草花小禽図屏風

しきそうかしょうきんずびょうぶ

作品概要

四季草花小禽図屏風

しきそうかしょうきんずびょうぶ

絵画 / 室町 / 安土・桃山

筆者不詳

室町~安土桃山時代・16世紀

紙本金地着色

各158.3×245.2

6曲1双

大きな樹木を描かずに、渓流に続く水辺に草花と小禽や虫を配したいわゆる「四季花鳥図屏風」。岩の表現などから狩野派の絵師による作品と考えられ、安土桃山時代絵画の特色につながる豪壮華麗な画風の萌芽がうかがえる。

四季草花小禽図屏風をもっと見る

筆者不詳をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

屏風 / 描く / 狩野 /

関連作品

チェックした関連作品の検索