山中家住宅離れ やまなかけじゅうたくはなれ

住居建築 / 近畿 

三重県
明治/1868~1882
木造2階建、瓦葺、建築面積49㎡
1棟
三重県名張市本町200
登録年月日:
登録有形文化財(建造物)

敷地西北隅に南面して建つ。切妻造桟瓦葺の二階建で、上下階とも8畳の座敷と六畳の次の間を並べ、南面に縁を設けて中庭を臨む。一階は根太天井で装飾少なく簡素につくるが、二階は付書院や彫刻欄間に趣向を凝らす。瀟洒な意匠をもつ良質な離れ座敷である。

作品所在地の地図

関連リンク

山中家住宅離れチェックした作品をもとに関連する作品を探す

山中家住宅南蔵
山中家住宅北蔵
旧伊藤伝七別邸さつき棟
丸井家住宅離れ
永山家住宅隠居屋
ページトップへ