石造旧日永の追分道標 せきぞうきゅうひながのおいわけどうひょう

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 / 近畿 

三重県
江戸時代初期
石造(花崗岩)
地上高 151cm
1基
三重県四日市市日永四丁目5-7
四日市市指定
指定年月日:20190326
宗教法人 日永神社(代表役員 宮司 井後 政晏)
有形文化財(美術工芸品)

「近世以前の道路遺産(道標・町石・常夜灯)の本質的価値判断に関わる評価基準」(『土木学会論文集D2《土木史》第68巻第1号、2012年』によると、全国で5番目、三重県内で2番目に古く、東海道では最古の道標。

作品所在地の地図

関連リンク

石造旧日永の追分道標チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造薬師如来坐像
釈迦三尊十六善神図
木造阿弥陀如来坐像
蓮華図
豊満神社への道標
ページトップへ