花唐草雲龍模様存星塗箪笥 はなからくさうんりゅうもようぞんせいぬりたんす

権利者:高岡市立博物館蔵

漆工 / 江戸 / 富山県 

伝 辻丹甫 (1722~1805)
つじたんぽ
富山県高岡市
江戸中期
漆・存星
縦34.5cm×横19.3cm×高23.7cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-03-02-21
高岡市蔵

辻󠄀丹甫(1722~1805)は、現高岡市辻の出身で高岡工芸漆器の開祖とされる。砺波屋伊右衛門、丹楓、砺波今道、荒虫とも。明和年間(1764~71)頃、京都で修業して、帰郷後に擬堆黒(朱)・存星などの中国風の漆彫りの技術をもたらし、それらは「丹甫塗」と総称された。また詩文にも長じた文化人といわれる。高岡御車山の装飾に丹甫作と伝わるものも多い。

作品所在地の地図

関連リンク

花唐草雲龍模様存星塗箪笥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高岡彫刻塗「二匹鯛」
高岡彫刻塗「二匹鯛」

伝 納富介次郎図案,村上九郎作彫刻

雲龍文存星輪花食龍
龍花唐草文黒漆絵茶箱
龍花唐草文黒漆絵茶箱

伝 板屋 小右衛門

孔雀鳩文研出蒔絵文庫
朱草花文菓子取
朱草花文菓子取

伝 塗師屋八兵衛

ページトップへ