文化遺産オンライン

春日本地仏曼荼羅図

かすがほんちぶつまんだらず

作品概要

春日本地仏曼荼羅図

かすがほんちぶつまんだらず

絵画 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

絹本着色

73.7x40.9

1幅

画面下部に春日山、御蓋(みかさ)山、若草(わかくさ)山をランドマークとする春日野の景観を描き、画面上部のひときわ大きな金色の円相中には、春日の神々の本来の姿であるとされる本地仏(ほんじぶつ)が描かれます。神は仏が仮の姿として日本に現われたという本地垂迹(ほんじすいじゃく)説に基づく画像です。

春日本地仏曼荼羅図をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

春日 / 曼荼羅 / 本地 / 若宮

関連作品

チェックした関連作品の検索