文化遺産オンライン

染付大根鼠図輪花皿

そめつけだいこんねずみずりんかさら

作品概要

染付大根鼠図輪花皿

そめつけだいこんねずみずりんかさら

陶磁 / 江戸

伊万里

江戸時代・19世紀

磁器

高4.6 径29.1 高台径15.6

1枚

大黒天は豊穣の神として広く親しまれており、白ねずみは大黒天の使いとされています。肝心の大黒天の姿はあらわされていませんが、「大根食うねずみ」を「大黒ねずみ」にかけたユニークな判じ物です。江戸時代後期の伊万里焼の大皿であり、宴席で用いられたものとみられます。

染付大根鼠図輪花皿をもっと見る

伊万里をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

染付る / 大皿 / そめつける / 伊万里

関連作品

チェックした関連作品の検索