文化遺産オンライン

白磁宝珠に鼠形筆洗

はくじほうじゅにねずみがたひっせん

作品概要

白磁宝珠に鼠形筆洗

はくじほうじゅにねずみがたひっせん

陶磁 / 江戸

平戸

江戸時代・19世紀

磁製

1合

愛らしい白ねずみをかたどった文房具です。宝珠に寄り添っているのは、この白ねずみが豊穣の神・大黒天【だいこくてん】の使いであることを示しています。純白の白磁素地を用いた精密な細工物を得意とした、長崎の平戸焼(三川内【みかわち】焼)の特色がよくあらわれた佳作です。

白磁宝珠に鼠形筆洗をもっと見る

平戸をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

三川内 / / 平戸 / 香炉

関連作品

チェックした関連作品の検索