文化遺産オンライン

白磁象形香炉

はくじぞうがたこうろ

作品概要

白磁象形香炉

はくじぞうがたこうろ

陶磁 / 江戸 / 明治

平戸

江戸~明治時代・19世紀

磁製

1合

三川内焼は現在の長崎県佐世保市三川内町で焼かれた磁器で、平戸焼とも呼ばれる。精製された美しい白磁の生産を主とし、型による細工物に長けた。塔を背負った象形の香炉は、金属器を祖とするものであろう。陶磁器では伊万里焼や薩摩焼にもみられる人気の器種。

白磁象形香炉をもっと見る

平戸をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

三川内 / / 香炉 / 平戸

関連作品

チェックした関連作品の検索