文化遺産オンライン

染付子犬形香炉

そめつけこいぬがたこうろ

作品概要

染付子犬形香炉

そめつけこいぬがたこうろ

陶磁 / 江戸

平戸

江戸時代・19世紀

磁製

高13.0

1合

愛らしい子犬をかたどった香炉。頭と胴で分かれ、口と両耳の孔が内部に通じている。三川内焼は現在の長崎県佐世保市三川内町で焼かれた磁器をいい、平戸焼ともよばれる。純白の天草石を用い、彫塑的な細工の技に見どころがある。

染付子犬形香炉をもっと見る

平戸をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

三川内 / / 香炉 / 平戸

関連作品

チェックした関連作品の検索