文化遺産オンライン

染付唐子図台鉢

そめつけからこずだいばち

作品概要

染付唐子図台鉢

そめつけからこずだいばち

陶磁 / 江戸

亀山

江戸時代・19世紀

磁製

1口

亀山焼は現在の長崎市伊良林に開かれ、天草石を用いた精美な染付磁器を文化11年(1814)から慶応元年(1865)の閉窯まで焼いた。絵付けには中国や西洋のモチーフが取り入れられ、異国情緒豊かな当時の長崎の空気が映し出されている。

染付唐子図台鉢をもっと見る

亀山をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

染付る / 磁器 / そめつける /

関連作品

チェックした関連作品の検索