文化遺産オンライン

蘭石図軸

らんせきずじく

作品概要

蘭石図軸

らんせきずじく

絵画 / / 中国

謝時中筆

制作地:中国

清時代・17世紀

絹本墨画

45.2×51.9

1幅

銘文:謝時中写 ; 一昧禅 ; 謝時中

謝時中【しゃじちゅう】(字・玉樹、東山)は、おそらく福建の出身で、道釈人物および山水・花鳥に優れた清代の画家です。延宝2年(1674)には長崎に来日し、日本の文化人とも交流しました。水気の多い墨による、濃淡のグラデーションの美しさが見どころです。市河米庵【いちかわべいあん】旧蔵。 (170725_t081)

蘭石図軸をもっと見る

謝時中筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Qing / China / 中国

関連作品

チェックした関連作品の検索