文化遺産オンライン

山水図

さんすいず

作品概要

山水図

さんすいず

絵画 / / 中国

劉愫筆

制作地:中国

清時代・18世紀

絹本墨画

23.1×120.3

1巻

銘文:一帆散人劉愫 ; 愫 ; 鶴山氏

来舶清人(らいはくしんじん)と思われる劉愫と、江芸閣(こううんかく)による合作です。江稼圃(こうかほ)の弟である芸閣は文化12年(1815)以降たびたび来日し、頼山陽(らいさんよう)らと交流しました。明末の董其昌(とうきしょう)に学ぶ正統な画風と書風が流入した早い例で、その後、江戸の文人である市河米庵の所蔵するところとなりました。

山水図をもっと見る

劉愫筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

其昌 / / China /

関連作品

チェックした関連作品の検索