方広寺三重塔 ほうこうじさんじゅうのとう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 中部 

静岡県
大正/1923
木造三重塔、瓦葺、建築面積11㎡、門塀付
1棟
静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
登録年月日:
宗教法人方広寺
登録有形文化財(建造物)

本堂の南方、沢を隔てた山頂に西面して建つ。各重とも方3間、組物は尾垂木付三手先、二軒繁垂木、本瓦葺である。乱石積基壇の正面中央を突出して切妻造の棟門を構え、四周に板塀を廻す。もと京都府技手・安井楢次郎の設計で、古典的な和様の構成をみせる。

作品所在地の地図

関連リンク

方広寺三重塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

方広寺山門
方広寺鐘楼
岐阜公園三重塔
方広寺半僧坊拝殿
方広寺勅使門
ページトップへ