脇差 銘 賀州住兼若 わきざし めい かしゅうじゅうかねわか

金工 / 江戸 

辻村兼若(代数不明)
つじむらかねわか
江戸時代初~中期
鋼,鉄・鍛造
長さ48.8cm,反り1.7cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-03-01-18
高岡市蔵

加賀前田家のお抱え刀工・辻村兼若作による脇差(代数不明)。初代兼若は美濃(現岐阜県)の志津三郎兼氏の末裔。美濃から尾張(現三重県名古屋市)犬山に移住し、後に前田家に召され金沢に移った。刀の切れ味にも優れ、「加賀正宗」として名声を博した名匠である。
金沢では、「兼若を持つ者には禄が低くても嫁にやる」という話もあったという。

作品所在地の地図

関連リンク

脇差 銘 賀州住兼若チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞龍寺仏殿鉛瓦(軒丸瓦)
加賀藩主前田家墓所
刀 銘 九州肥後同田貫上野介
太刀<BR/>剣<BR/>銘 勢州桑名藤原朝臣村正作 天文二十二年九月
絵葉書「大納言利長卿の墓」
絵葉書「大納言利長卿の墓」

〔発行〕東京日本橋区通二丁目・松聲堂

ページトップへ