太刀 銘 宇多国宗 たち めい うだくにむね

権利者:高岡市立博物館蔵

その他の画像全3枚中3枚表示

金工 / 室町 

三代 宇多国宗
さんだい うだくにむね
文明期頃/1469~87年頃
鋼,鉄・鍛造
長さ65.5cm,反り3.0cm,全長82.4cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-03-01-17

鎌倉末期に現奈良県から高岡市福岡町に移住した刀工集団「宇多派」の国宗による古刀期の太刀。3代国宗の作か。
永徳期(1381~84)に活躍したと伝わる初代は宇多派の祖・国光の子で、国房の弟とされる。2代は現滑川市に移住したという。名跡は新刀期まで襲名された。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 宇多国宗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 朱銘 来國光 
刀 無銘(来国光)
太刀 銘「雲生作」
太刀 朱銘 國行
太刀 銘 国時
ページトップへ