絵葉書「大納言利長卿の墓」 えはがき「だいなごんとしながきょうのはか」

歴史資料 / 明治 / 富山県 

〔発行〕東京日本橋区通二丁目・松聲堂
富山県高岡市
明治33~40年/1900~07年
紙・印刷
縦9.1cm×横14.2cm
1
富山県高岡市古城1-5
資料番号 1-05-67

 前田利長墓所を写した写真絵葉書。高岡市の「前田利長墓所」は、石川県金沢市の「前田家墓所」とともに「加賀藩主前田家墓所(前田利長墓所)」の名称で、国史跡指定を受けた。
 加賀前田家2代当主・前田利長は、慶長14年(1609)に高岡城を隠居城に定め、生涯を閉じる。高岡市の「前田利長墓所」は、3代利常が利長の三十三回忌にあたる正保3年(1646)に造営したものである。
 一辺約180mの正方形区画を有し、大名個人墓として全国でも最大級の規模をもつ。墓域は、外堀、内堀の二重の堀で囲まれ、高い規格性を有する(面積は高岡市33,391平方メートル)。その中心に一辺15.5mの御廟が位置する。御廟は、加賀で産出する戸室石で覆った二重基壇上にかさ塔婆(かさとうば)型墓碑が立つ。基壇の立面には狩野探幽の下絵と伝承される130枚の蓮華図が陽刻される。

<参考>
・高岡市教育委員会生涯学習・文化財課HP「加賀藩主前田家墓所(前田利長墓所)」https://www.city.takaoka.toyama.jp/syoubun/kanko/rekishi/kinen/maedake.html(2020年5月15日アクセス)

作品所在地の地図

関連リンク

絵葉書「大納言利長卿の墓」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

加賀藩主前田家墓所
高岡城跡
瑞龍寺仏殿鉛瓦(軒丸瓦)
絵葉書「高岡桜馬場」
絵葉書「国宝 高岡山瑞龍寺法堂」
ページトップへ