文化遺産オンライン

藤四方炭斗

とうよほうすみとり

作品概要

藤四方炭斗

とうよほうすみとり

陶磁 / / 中国

制作地:中国

明時代・17世紀

高14.0 口径23.5×22.8 底径17.5×17.8

1口

炭取(炭斗)とは、炉中に炭をつぐ「炭点前」の際に、炭や羽箒、火箸、鐶、釜敷、香合などを組んで運ぶための容器をいう。一般に、竹や藤で編んだ籠状で身の深いものが用いられ、この作品のように中国製の、いわゆる「唐物」と伝わるものがとくに珍重される。

藤四方炭斗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

香合 / / 中国 /

関連作品

チェックした関連作品の検索