Ash Bowl

Details

Ash Bowl

ceramics / Edo

Edo period, 17th century

高9.3 口径20.8×19.3 底径7.8

1口

この灰器は、炉に炭を組む際(炭手前と呼ぶ)に使用する灰を盛るための容器で、「焙烙」とも呼ばれます。もとは素焼きの浅い土鍋が転用され、後に炭道具として作られるようになりました。長次郎や樂家代々の作が有名で、本作品も箱書などから長次郎作と伝わります。

Search by Ash Bowl

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Raku / 長次郎 / Edo / 茶碗

Related Works

Search items related to work chosen