手焙 てあぶり

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本 

江戸時代後期
豊楽焼
口径24.0cm 高16.2cm
1口

手焙は、この中に灰を入れて炭をおこし、暖をとるためのもの。本作は素焼きした手焙の表面に胡粉を塗って白化粧し、金箔を散らした上に、釉薬ではなく絵具で文様を描いている。図柄は源氏物語の「空蝉」の場面であるが、おそらくは名のある絵師の手によるものと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

手焙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付吹寄文手焙
染付吹寄文手焙

大川内焼

木具写櫃形菓子器
源氏物語図扇面(空蝉)
「柳に水車図・桐花図」杉戸絵
鳥獣文鉢
ページトップへ