片身替釉茶碗 銘 深山路 かたみがわりゆうちゃわん めいみやまじ

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 / 江戸 

高取
江戸時代・17世紀
陶製
高7.2 口径11.5×13.5 底径6.0
1口
銘文:高台内「壬」

かつては「斑唐津(まだらからつ)」として唐津焼と考えられていたが、昭和50年代に高取の内ケ磯(うちがそ)窯で同種の陶片が出土し、高取焼ということが明らかになった。三角形に歪んだ形、藁灰(わらばい)釉と飴(あめ)釉の掛け分けと桃山の茶陶の様式を色濃く残す。底部に「壬」の銘がある。(20060606_h04)

作品所在地の地図

関連リンク

片身替釉茶碗 銘 深山路チェックした作品をもとに関連する作品を探す

片身替釉洲浜形向付
黒織部茶碗(冬枯)
銹絵竹文茶入 銘妹背
黒釉茶碗 銘 残月
彫唐津茶碗 銘 巌
ページトップへ