文化遺産オンライン

作品概要

絵画 / 明治

下村観山筆

明治45年(1912)

紙本金地着色

169.1×363.6

6曲1双

明治44年9月に38歳の若さで他界した学友菱田春草(ひしだしゅんそう)のために制作され翌年に開かれた追悼展に出品された。無限の空間に飛び去ろうとする鳥と絶叫するかのように岩上で見送る鵜。そこには亡き友春草に対する観山の悲痛なる哀悼の辞が込められいる。

をもっと見る

下村観山筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

春草 / 観山 / 菱田 / 下村

関連作品

チェックした関連作品の検索