暁霧 ぎょうむ

日本画 / 明治 / 日本 

菱田春草 (1874-1911年)
ひしだしゅんそう
明治35年/1902年
絹本着色 軸装
122.0×49.5cm
1幅

中国の水墨画を思わせる連山の奥からは太陽が昇り始め、朝もやに水辺の湿潤な大気が溶け込む様子が描かれてる。明治30年代半ばに、横山大観、下村観山らと共通の課題として取り組んだ、朦朧体といわれる没骨描法に取り組んだ時期の作と考えられる。
日本画に印象派の光と空間を取り入れようとして線を排除した試みは春草に始まるといわれ、本作のような情景には極めて効果的な描法となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

暁霧チェックした作品をもとに関連する作品を探す

薊に鳩図
薊に鳩図

菱田春草

紅葉山水
紅葉山水

菱田春草

梨に双鳩
梨に双鳩

菱田春草筆

荘重(高士望岳)
王昭君図
王昭君図

菱田春草

ページトップへ