写経断簡「成唯識宝生論(巻第一)/ 伝 吉備大臣」 じょうゆいしきほうしょうろん

 / 奈良 / 日本 

吉備真備 (695~775)
きびのまさび
奈良時代

「成唯識宝生論]
二十唯識順釈論ともいう。
【成立】
6世紀。
【内容】
5巻。世親(ヴァスバンドゥ)の唯識二十論の末釈。外教・小乗の心外実存の執見を破す唯識二十論に対して、有相唯識派の代表である護法が注釈したもの。
【関係経典】
唯識論・大乗唯識論・唯識二十論・唯識二十論述記

大蔵経全解説大事典(1998年)より抜粋

関連リンク

写経断簡「成唯識宝生論(巻第一)/ 伝 吉備大臣」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

写経断簡「瑜伽師地論(巻第二十八)」
写経断簡「阿毘達磨俱舎論(巻第二十九) / 伝 伝教大師」
写経断簡「釈摩訶衍論(巻第六)」
版経断簡・零葉「高野版 / 釈摩訶衍論(巻第五)」
写経断簡「大方広仏華厳経 世主妙厳品第一之五 / 伝 東寺伝来」
ページトップへ