文化遺産オンライン

伽藍石香合

がらんせきこうごう

作品概要

伽藍石香合

がらんせきこうごう

陶磁 / 江戸

伊賀

江戸時代・17世紀

陶製

高3.6 縦4.5 横4.8

1合

水指、花入に名品が多く伝わる伊賀において、珍しい香合の名品です。伽藍石とは、寺院などの柱を支えた礎石のことで、茶の湯では風情のあるものとして好まれました。伊賀らしい、緑色のたっぷりとしたビードロ釉が蓋上部に溜まり、石に生えた苔のような趣があります。

伽藍石香合をもっと見る

伊賀をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

伊賀 / Iga / / 香合

関連作品

チェックした関連作品の検索