文化遺産オンライン

旅枕花入

たびまくらはないれ

作品概要

旅枕花入

たびまくらはないれ

陶磁 / 江戸

伊賀

江戸時代・17世紀

陶製

高16.8 口径12.3 底径11.0

1口

その姿から旅枕と呼ばれる筒形の花入。胴に縦に箆目を入れて変化をつけており、器肌からは伊賀独特の長石粒が顔を出している。全体に自然釉が生じており、そこに暗褐色の釉が幾筋も流れて強いアクセントとなっている。背面には釻が付けられる。

旅枕花入をもっと見る

伊賀をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 信楽 / / 旅枕

関連作品

チェックした関連作品の検索