賈島詩 かとうし

 / 南北朝 

鉄舟徳済筆
南北朝時代・14世紀
紙本墨書
1幅

 鎌倉時代から南北朝時代にかけて、中国から禅宗(ぜんしゅう)が渡来し、多くの僧が日本にきました。また、それと同時に多くの日本人の僧が、法を学ぶために中国に渡りました。彼らは、ただ禅の教えを学ぶだけでなく、文学や絵画など、当時の中国の先進的な文化も熱心に学び、日本に伝えました。当時の禅僧たちが、詩文や絵画などに、多くの優れた作品を残しているのはそのためです。
 この作品を書いた鉄舟徳済(てっしゅうとくさい)も、そんな留学僧のひとりです。元の末期に留学し、高僧に学び、帰国後は京都五山のひとつ、臨済宗(りんざいしゅう)の万寿寺(まんじゅじ)の住職を務めました。書と水墨をよくし、特に蘭の花の名手として知られていました。この書は、「早秋の天竺(てんじく)・霊隠寺(れいいんじ)に寄せて」と題する唐の詩人賈島(かとう)の七言律詩を書いたものです。中国の詩ですが、書風には穏やかな和様(わよう)の雰囲気が伺えます。

作品所在地の地図

関連リンク

賈島詩チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法語
法語

石室善玖筆

南院国師忌拈香偈
南院国師忌拈香偈

清拙正澄筆

龍巖徳真墨蹟 偈
虎関師錬像
偈頌
偈頌

月江正印筆

ページトップへ