文化遺産オンライン

葦手下絵消息往来

あしでしたえしょうそくおうらい

作品概要

葦手下絵消息往来

あしでしたえしょうそくおうらい

/ 平安

伝藤原忠通筆

平安時代・12世紀

彩箋墨書

1巻

葦手の下絵をほどこした料紙に、消息の模範文例が丁寧に書写されており、調(ちょう)度(ど)手(て)本(ほん)として作成されたものである。伝藤原忠通筆とされるが確証はない。忠通の法(ほっ)性(しょう)寺(じ)流(りゅう)の書風によることと、葦手の作風から12世紀半ばのものと推測される。葦手の数少ない遺品として貴重である。(160517_h032)

葦手下絵消息往来をもっと見る

伝藤原忠通筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

書写 / 料紙 / 藤原 / 書風

関連作品

チェックした関連作品の検索