文化遺産オンライン

書状

しょじょう

作品概要

書状

しょじょう

/ 江戸

金森宗和筆

江戸時代・17世紀

紙本墨書

1幅

金森宗和は江戸時代初期に活躍した武将で茶人。可重(よししげ)の長男で実名は重近(しげちか)。後に父から廃嫡され仏門に入り宗和と号す。上林(かんばやし)氏に宛てた手紙で自ら上洛する滞在予定を報じ、例年通りの新茶進上を依頼する。上林氏は当時から宇治の茶師として著名であった。(110418_h082)

書状をもっと見る

金森宗和筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

書状 / / しょじょ / Letter

関連作品

チェックした関連作品の検索