文化遺産オンライン

地蔵菩薩踏下像

じぞうぼさつふみさげぞう

作品概要

地蔵菩薩踏下像

じぞうぼさつふみさげぞう

彫刻 / 鎌倉 / 石川県

出土地:石川県加賀市出土

鎌倉時代・13~14世紀

銅造、鍍金

高24.2×背幅8.2

1躯

白山宮加賀馬場(はくさんぐうかがのばんば)の中宮(ちゅうぐう)の末寺であった柏野寺(かしわのてら)の旧跡と伝えられる地(白山神社北隣の山裾)から大正5年(1916)に出土した金銅仏。平安後期以後にその例のみられる、片足を踏み下げた形の地蔵菩薩像である。ややずんぐりした形姿に鎌倉後期の特色がみられる。

地蔵菩薩踏下像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

地蔵 / 菩薩 / ぼさつ / じぞう

関連作品

チェックした関連作品の検索