文化遺産オンライン

肩衝茶入 銘 二王

かたつきちゃいれ めいにおう

作品概要

肩衝茶入 銘 二王

かたつきちゃいれ めいにおう

陶磁 / 安土・桃山 / 江戸

備前

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

陶製

1口

備前の茶入は天正年間(1573~92)頃から、茶会記に登場するようになります。本作のような、平らな底から真っすぐに立ち上がり、肩が短く横に衝く筒形のものは、慶長年間(1596~1615)に作られたとみられ、同形のもので古田織部が所持した備前茶入「さび助」がよく知られます。

肩衝茶入 銘 二王をもっと見る

備前をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶入 / / ちゃいれ /

関連作品

チェックした関連作品の検索