文化遺産オンライン

敷物

しきもの

作品概要

敷物

しきもの

樺太アイヌ

19世紀

アットゥシ製

縦59.0_横55.5

1枚

アットゥシ地の周縁に紺木綿裂をおいて刺繍する。中央に円文をおいてその周辺を唐草文や花卉(かき)文で飾る。唐草文もモレウの起源となる文様であるとの説もある。アイヌには伝承されない技法もみられることから、ウイルタの人びととの合作の可能性が考えられる。

敷物をもっと見る

樺太アイヌをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

アットゥシ / アイヌ / bast / fiber

関連作品

チェックした関連作品の検索