文化遺産オンライン

能面 景清

のうめん かげきよ

作品概要

能面 景清

のうめん かげきよ

彫刻 / 江戸

「児玉近江」銘

江戸時代・18世紀

木造、彩色

19.3×16.3

1面

平家の勇将、景清が落人として日向国に隠棲し、盲目の琵琶法師となった姿を表わした面。流派によって表情が異なり、この面は喜多流の型で大名家に普及した。面裏に「景清 (喜多)七大夫形 児玉近江」と記す。元の面の剥落を写した部分に色を塗っている。

能面 景清をもっと見る

「児玉近江」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

のうめん / 能面 / Mask / Noh

関連作品

チェックした関連作品の検索