文化遺産オンライン

黄伊羅保茶碗

きいらぼちゃわん

作品概要

黄伊羅保茶碗

きいらぼちゃわん

陶磁 / 江戸

仁阿弥道八作

江戸時代・19世紀

陶製

高8.3 口径13.7 底径5.3

1口

銘文:高台脇

高麗茶碗のうち、伊羅保茶碗を写したもの。ざらざらとした表面で、胴には太い轆轤(ろくろ)目がはっきりと表わされる。見込みにも4つの目跡をつけ、黄伊羅保茶碗の特徴をよくとらえている。

黄伊羅保茶碗をもっと見る

仁阿弥道八作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶碗 / 高台 / / 轆轤

関連作品

チェックした関連作品の検索