Inoekaorukanrekishokaikazomefukusa

井上馨還暦所懐歌染袱紗

Details

Inoekaorukanrekishokaikazomefukusa

井上馨還暦所懐歌染袱紗

その他 / 明治

井上馨 (1835~1915)

いのうえかおる

明治29年/1896年

絹(縮緬)・墨書

縦43.0、横40.5(cm)

1枚

山口県萩市大字堀内355番地

土屋家寄贈

萩博物館

井上馨が62歳のとき、還暦を記念して知人の中西寿平に贈った縮緬地の袱紗。「今日よりは元の赤子に還りけり皆さん御免だだを言うても」という井上の狂歌とともに、富士に松竹梅というめでたい図柄があしらわれている。本来、井上の還暦は数え年で61歳になる明治28年(1895)のはずだが、機会を逸したため、同29年4月に山口で、同30年5月に東京の本邸で、それぞれ祝宴を開いている。

Search by Inoekaorukanrekishokaikazomefukusa

Search by 井上馨

Search by 萩博物館

Keywords

Meiji / 井上 / 明治 / 釉下

Related Works

Search items related to work chosen