十二神将立像 申神 じゅうにしんしょうりゅうぞう  しんしん

その他の画像全10枚中10枚表示

彫刻 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
木造、彩色・截金、玉眼
像高70.9
1躯
重要文化財

浄瑠璃寺に伝来したといわれる十二神将のうちの一躯。顔は赤みを帯び、眉はへの字形、見開いた目は視線を下方に向け、口元を強く引いて歪める表情は滑稽で、申を連想させる。鎌倉彫刻らしく動きのある姿で、清新な表現が特徴。造像時の彩色をよく残す。

作品所在地の地図

関連リンク

十二神将立像 申神チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十二神将立像 辰神
十二神将立像(巳神)
十二神将立像(未神)
十二神将立像(戌神)
木造十二神将立像(巳神戌神)
ページトップへ