文化遺産オンライン

九段坂五月夜

くだんざかさつきのよる

作品概要

九段坂五月夜

くだんざかさつきのよる

絵画 / 明治

小林清親筆

明治時代・19世紀

錦絵

横大判

1枚

九段坂上から東の方向を見下ろした夜景。常燈明台は当初招魂社(靖国神社)側にあり、後に現在地(靖国通りの南側)に移築された。

小林清親は幕府の米蔵を管理する役人の家に生まれ、維新の際に徳川家について静岡へ移住した。諸職を転々とする中で絵画や写真を学び、明治9年(1876)から洋風の表現を取り込んだ一連の木版画『東京名所図』によって、変わりゆく東京を描いた。

九段坂五月夜をもっと見る

小林清親筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

九段 / くだん / 東京 / Meiji

関連作品

チェックした関連作品の検索