文化遺産オンライン

海辺の村(白壁の家)

うみべ むら しらかべ いえ

作品概要

海辺の村(白壁の家)

うみべ むら しらかべ いえ

絵画 / 明治

中村彝筆

明治43年(1910)

カンバス・油彩

60×82.1

1面

わずか20年あまりの画業のなかで、中村は不治の病に直面しながら、緊張感に満ちた作画姿勢でルノアール、セザンヌ等の西洋絵画を精力的に咀嚼し、独自の画風を展開した。まばゆいばかりの光に満ちた本作は、転地療養に訪れた千葉の布良(めら)海岸を描いたもの。

海辺の村(白壁の家)をもっと見る

中村彝筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

画業 / 満ちる / / 油彩

関連作品

チェックした関連作品の検索