文化遺産オンライン

梅樹禽鳥図屏風

ばいじゅきんちょうずびょうぶ

作品概要

梅樹禽鳥図屏風

ばいじゅきんちょうずびょうぶ

絵画 / 室町

狩野派筆

室町時代・16世紀

紙本墨画淡彩

2曲1隻

柔(やわ)らかな筆使いや、こまかく屈曲(くっきょく)する梅の枝などは、狩野派(かのうは)の三代目・松栄(しょうえい)の作風に通じる。梅の幹(みき)にとまる鳥のとぼけた表情が何とも微笑(ほほえ)ましい。修理がなされて目立たないが、よく見ると所々に欠損(けっそん)や補筆(ほひつ)がみられる。当初はどんな画面形式だったのだろうか。(高橋氏執筆)

梅樹禽鳥図屏風をもっと見る

狩野派筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

屏風 / 狩野 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索