文化遺産オンライン

澱青釉紫紅斑碗

でんせいゆうしこうはんわん

作品概要

澱青釉紫紅斑碗

でんせいゆうしこうはんわん

陶磁

中国・鈞窯

金時代・12~13世紀

高4.9 口径12.9 高台径4.4

1口

特徴的な白濁した青い色の釉のうえに、そこに銅が含まれた釉が流しかけられて赤みを帯びた紫色を呈し、不思議な形の斑模様をつくり出しています。鈞窯の製品には、水盤のほか碗や小杯、鉢や瓶などの飲食器や仏具と思しき香炉など多彩な種類が知られています。

澱青釉紫紅斑碗をもっと見る

中国・鈞窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / でんせい

関連作品

チェックした関連作品の検索