文化遺産オンライン

澱青釉紫紅斑碗

でんせいゆうしこうはんわん

作品概要

澱青釉紫紅斑碗

でんせいゆうしこうはんわん

陶磁 /

中国・鈞窯

北宋~金時代・12~13世紀

陶製

高4.5 口径13.5 底径3.6

1口

澱青釉は珪酸分の多い原料を加えた失透性の釉で、還元焔焼成によって澄んだ青色に呈色します。これに銅分を含んだ釉が不規則に流し掛けられ、上品な赤紫色の斑文となって浮かび上がっています。宋時代の陶磁器には珍しく、華やいだ気分をそなえています。

澱青釉紫紅斑碗をもっと見る

中国・鈞窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索