文化遺産オンライン

鳩桜花図高浮彫花瓶

作品概要

鳩桜花図高浮彫花瓶

陶磁

初代宮川香山  (1842-1916)

ミヤガワ、コウザン(1ダイ)

明治4-15年頃/c.1871-82

陶器・1対

左: h35.3 D24.3 ; 右: h35.6 D26.7

初代宮川香山(1842-1916)
鳩桜花図高浮彫花瓶
MIYAGAWA, Kozan I
Vases in relief, doves and cherry blossoms design
1871-82(明治4-15)年ころ 陶器
(左)h35.3 D24.3
(右)h35.6 D26.7

桜の木にとまる鳩の姿を立体的に表したこの花瓶は、初代宮川香山の明治初期の作品です。香山は横浜に開窯し、海外への輸出を目的とした陶磁器の制作を行いました。その作品は「マクズ・ウエア」と呼ばれ、国内外の博覧会や展覧会で高く評価されました。

鳩桜花図高浮彫花瓶をもっと見る

初代宮川香山をもっと見る

東京国立近代美術館をもっと見る

キーワード

香山 / 宮川 / Kozan / Miyagawa

関連作品

チェックした関連作品の検索