鳩桜花図高浮彫花瓶

陶磁 

初代宮川香山 (1842-1916)
ミヤガワ、コウザン(1ダイ)
明治4-15年頃/c.1871-82
陶器・1対
左: h35.3 D24.3 ; 右: h35.6 D26.7

初代宮川香山(1842-1916)
鳩桜花図高浮彫花瓶
MIYAGAWA, Kozan I
Vases in relief, doves and cherry blossoms design
1871-82(明治4-15)年ころ 陶器
(左)h35.3 D24.3
(右)h35.6 D26.7

桜の木にとまる鳩の姿を立体的に表したこの花瓶は、初代宮川香山の明治初期の作品です。香山は横浜に開窯し、海外への輸出を目的とした陶磁器の制作を行いました。その作品は「マクズ・ウエア」と呼ばれ、国内外の博覧会や展覧会で高く評価されました。

作品所在地の地図

関連リンク

鳩桜花図高浮彫花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色入菖蒲図花瓶
色入菖蒲図花瓶

初代宮川香山

黄釉銹絵梅樹図大瓶
黄釉銹絵梅樹図大瓶

初代宮川香山作

窯変洋紅釉花瓶
窯変洋紅釉花瓶

二代宮川香山

褐釉蟹貼付台付鉢
褐釉蟹貼付台付鉢

初代宮川香山作

黄釉銹絵梅樹文大瓶〈宮川香山作/〉
ページトップへ