Standing Kannon Bosatsu (Avalokitesvara)

Details

Standing Kannon Bosatsu (Avalokitesvara)

ceramics / Meiji

By Miyagawa Kozan I (1842-1916)

Meiji era, 19th century

Porcelain

像高15.0 総高21.5

1躯

Inscriptions: 「真葛香山造」銘

宮川香山(みやがわこうざん)の作品の中でも明治前半までに位置付けられる作品。台座はヨーロッパのノベルティで使うレースを用いた技法。香炉は伝統の赤絵金彩の技。これに白磁の磁胎と釉薬とを自在に使うことで、ゆったりとした曲線の中に緊張感のある観音を現出させた。

Related Works

Search items related to work chosen