文化遺産オンライン

興福寺断碑

こうふくじだんぴ

概要

興福寺断碑

こうふくじだんぴ

/ 中国

王羲之筆

制作地:中国

唐時代・開元9年(721)

紙本墨拓

(一扇)21.8×12.8

1帖

興福寺の僧大雅が、王羲之の書から集字して建てたもので、集王聖教序とともに集字碑の代表作。北宋時代に土中に埋没し、明の万暦年間に西安で出土した際には、断裂して下半部だけであったので、、興福寺断碑と称される。陝西(せんせい)省博物館(碑林)に現存する。

興福寺断碑をもっと見る

王羲之筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 聖教 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索