宋拓集王書大唐三蔵聖教序 ソウタクシュウオウショダイトウサンゾウショウギョウジョ

その他の画像全3枚中3枚表示

 /  / 中国 

制作地:中国
拓本
縦 25.8 cm 横 14.5 cm
2帖

咸亨三年十二月、僧懐仁が玄奘の訳経に対して唐太宗から下賜された「大唐三蔵聖教序」と唐高宗の「述三蔵聖記」、これに『般若心経』を加え、書聖王羲之の行書を集字して石に刻し、長安の弘福寺の境内に建てた碑の拓本。書の名品としても名高く、原碑も西安碑林博物館に現存している。

作品所在地の地図

関連リンク

宋拓集王書大唐三蔵聖教序チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雁塔聖教序
雁塔聖教序

褚遂良筆

孔子廟堂碑(重刻)
雁塔聖教序
雁塔聖教序

褚遂良筆

定武蘭亭序(呉炳本)
定武蘭亭序(呉炳本)

原跡:王羲之(303?~361?)筆

広開土王碑拓本
ページトップへ