金銅五鈷鈴 こんどうごこれい

金工 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
銅鋳造・鍍金
1口

密教では密教法具という仏具を用いる。修法{すほう}を執り行う僧の前に置かれた壇の上に整然と並べて、修法の空間を荘厳{しょうごん}したり、実際に僧が手に取ることもある。金剛鈴は法具の一種で、振って鳴らすベル。五鈷鈴とは把手の突起の数が五本という意味である。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅五鈷鈴チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅宝珠鈴・金銅独鈷鈴・金銅三鈷鈴(五種鈴のうち)
金銅五鈷鈴
金銅割五鈷杵
金銅五鈷杵
塔鈴
ページトップへ