Bell with a Five-Pronged "Vajra"

Details

Bell with a Five-Pronged "Vajra"

metalwork / Kamakura

Kamakura period, 13th century

Gilt cast bronze

1口

密教では密教法具という仏具を用いる。修法{すほう}を執り行う僧の前に置かれた壇の上に整然と並べて、修法の空間を荘厳{しょうごん}したり、実際に僧が手に取ることもある。金剛鈴は法具の一種で、振って鳴らすベル。五鈷鈴とは把手の突起の数が五本という意味である。

Related Works

Search items related to work chosen