文化遺産オンライン

龍頭観音像

りゅうとうかんのんぞう

作品概要

龍頭観音像

りゅうとうかんのんぞう

彫刻 / 昭和以降

佐藤朝山作

昭和時代・20世紀

木造、彩色

1躯

銘文:台座刻銘「龍頭観音 佐藤玄々敬作」

雲をなびかせて駆ける龍と、優美な観音の姿が見どころ。佐藤朝山は山崎朝雲に師事し、高村光雲の孫弟子にあたる。古彫刻の学習に励み、観音は飛鳥彫刻の傑作である法隆寺の救世+くせ+観音像をモデルにしている。龍と取り合わせ、極彩色に彩ることで古典に新たな命を吹き込んだ。

龍頭観音像をもっと見る

佐藤朝山作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

朝山 / / 彫刻 / 光雲

関連作品

チェックした関連作品の検索