文化遺産オンライン

行書虹県詩巻

ぎょうしょこうけんしかん

作品概要

行書虹県詩巻

ぎょうしょこうけんしかん

/ / 中国

米芾筆

制作地:中国

北宋時代・崇寧5年(1106)頃

紙本墨書

(本紙)縦31.2 全長487.0

1巻

北宋を代表する書画家の米芾@べいふつ@が、虹@こう@県(安徽省泗@し@県)を訪れて作った七言絶句3首を大字の行書で書いた1巻。宮廷で書画の鑑識や教授を司る書画学博士を受任した頃の作とみられます。金の田穀@でんこく@、劉景文@りゅうけいぶん@、明の曹溶@そうよう@、清の王鴻緒@おうこうちょ@らが旧蔵し、劉、元好問@げんこうもん@、王の跋があります。

行書虹県詩巻をもっと見る

米芾筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ China / 中国 / 書画

関連作品

チェックした関連作品の検索