文化遺産オンライン

楊大眼造像記

ようだいがんぞうぞうき

作品概要

楊大眼造像記

ようだいがんぞうぞうき

/ 南北朝(六朝) / 中国

制作地:中国

北魏時代・6世紀

紙本墨拓

77.8×40.3

1幅

楊大眼は、頭髪に3丈もの縄をつけて走ると、縄が矢のようにまっすぐになった俊足の武将でした。この造像記は、楊大眼が亡き孝文帝のために造仏したことを、自らの功績とともに記しています。峻厳@しゅんげん@で堂々たる書きぶりから、龍門4品の一つに数えられます。(富田さん執筆)

楊大眼造像記をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Northern / 龍門 / Creation

関連作品

チェックした関連作品の検索